自賠責保険の支払限度額について詳しく知ろう

湖畔01自賠責保険には支払限度額があり、被保険者の損害が限度額の範疇であれば計算した額による保険金が支払われます。しかし計算した金額が限度額を超えてしまう場合は任意保険による保険金の支払いが行われます。自賠責保険のそれぞれの補償は傷害や後遺障害、死亡に至るまでで補償の限度額が設定されています。
傷害による損害の場合は被害者1人あたりおよそ150万円くらいまでで設定されており、怪我の治療費や通院費などで保険金は実費で支払われることが多いです。また事故の障害で発生した休暇などによる収入の減少の補償や慰謝料に対しても保険金が支払われることがあります。
死亡による損害の場合はおよそ3000万円ほどの補償となっており、葬儀にかかる費用などが補償されます。また遺族への慰謝料への補償があり、これは遺族で対象となる者の人数によって補償される額は違ってきます。
後遺障害による損害の場合は障害の程度に応じて逸失利益や慰謝料等が支払われ、その限度額はおよそ3000万円くらいで設定されています。逸失利益というのは身体に残った障害により労働能力が低下して将来において収入が低減することで、障害の等級に応じて喪失期間から補償金が算出されます。