被害者が他人でない場合の支払いについて

光と自然交通事故などで被害者が他人でない場合つまり運転手や運行供用者の場合、自賠責では保険が下りないことがあります。任意保険で対応という話になりますが、家族などでも自賠責で対応ができる場合とできない場合があります。
自動車を自分で直接運転している場合以外にも、他人がその自動車を運転していてその他人の運転によって自動車を間接的に支配する場合も含まれていることになりますので、自動車の所有者はもちろんのこと、所有者から車を借りている人やレンタカーの営業主もこの運行供用者に当たります。
こうした人たちが被害の人の場合には自賠責では対応ができないために、任意保険で対応することになります。時々ニュースなどで痛ましい事故が発生したりしているものの中に、小さな子供が自動車の前後にいるのに気が付かずに運転させてはねてしまったというような場合がありますが、家族間では血のつながりがあるために他人とは言わずに身内と言いますが、この自動車事故の場合には被害を受けているその子供であっても身内ではなく他人として見ることがあります。つまり自賠責での対応が可能になる場合があるということです。
このような判断は、保険会社などに確認することで分かることでもあります。

コメントは受け付けていません。