損害別の支払限度額の定義は?

ドライバーが全員加入する自賠責保険の制度は、自動車損害賠償保障法により規定されていることから、事故があったときに支払われる自賠責保険の保険金についても、この法律の規定に基づく国土交通省・財務省共管の告示によって、詳細な支払基準や項目ごとの支払限度額が定義されています。
この告示によれば、傷害については、自賠責保険による補償の対象となるのは、治療関係費、文書料その他の費用、休業補償および慰謝料であり、その支払限度額は被害者1人につき120万円となっています。
後遺障害については、逸失利益および慰謝料等として、障害の程度が別に定められた等級に該当する場合に保険金が支払われることになっています。この等級は、仕事中の災害で被害があったときに適用される労災保険で用いられる等級に準じています。それぞれの等級によって支払限度額に違いがありますが、最高の場合ですと4,000万円です。
死亡の場合は、葬儀費、逸失利益、死亡本人の慰謝料および遺族の慰謝料が補償の対象となっており、本人の慰謝料は350万円、遺族の慰謝料は請求権者が1人の場合は550万円などとなっています。
なお、重大な過失があった場合や、死亡した人に既往症があったなどの理由で事故と死亡との因果関係が明らかでない場合には、保険金を減額する規定も置かれています。

コメントは受け付けていません。