自動車の運行中でない場合の支払いについて

紅葉自動車を運行するときに加入が義務付けられている自賠責保険は、普通保険約款を見ると「運行によって他人の生命または身体を害すること」があったときに保険金が支払われるものとされています。
自賠責保険は、事故の被害者に対して必要な最低限度の補償が行き渡るようにするためのものですので、被害者保護を重視する観点から、一般的にいう車の「運転」よりも、さらに対象範囲に幅をもたせています。
これまでに自賠責保険に関係した事故についての判例が数多く蓄積されていますが、これらを見るところでは、クレーン車のクレーンを操作中の事故、ミキサー車のミキサーを回転中の事故など、車両に付いている装置を操作中の事故であれば、十分に「運行中」として扱われることがわかっています。
そのほかにも、貨物車の荷降ろし中の事故、公道に停車してドアを開閉させたときの追突事故、サイドブレーキがきかずに無人の車が坂を自走した事故などについても対象に含まれることとされています。
逆に、故障で公道に駐車後かなりの時間が経過してからの追突事故や、駐車中の車内の幼児が熱中症で死亡した場合などについては、車の装置の操作との直接因果関係がないとして「運行中」とは認められませんでした。

コメントは受け付けていません。