自損事故の場合の支払いについて

車を所有している人は必ず加入しなければいけない自賠責保険ですが、加入していても事故の内容によっては保険金が支払われないケースがあります。相手方のいない事故や自らの過失のみによる事故はその代表的な例です。
自賠責保険の対象となるのは対人賠償だけとなります。したがってわき見運転や居眠り運転などにより電柱やガードレールなどに衝突した場合、他人である同乗者には自賠責保険から保険金が支払われますが、運転者本人についてはたとえ死傷した場合でも保険金は支払われないのです。また事故の相手が車であるケースでも、信号待ちの車に衝突した場合やセンターラインをはみ出して衝突した場合など、100%自分の過失による事故の場合は自賠責保険の支払い対象にはなりません。
このような事態に備える手段としては、自賠責保険の支払い対象にならない事故に対応した任意の自動車保険への加入が適しています。多くの自動車保険ではこのような自損事故に対応する保険を対人賠償保険に自動付帯させています。したがって特別にこの保険に加入する必要はありませんが、人身傷害保険に加入している場合は補償内容が重複することにより、この保険が付帯していないこともありますので事前に確認しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。